« July 2007 | Main | September 2007 »

2007.08.20

自転車乗る時には裾をあげて。

Cloped

スポーツバイクに乗るようになって、考えなければいけないなぁと思うようになったものの一つが、自転車の乗る時の服装。

サイクルジャージとかレーパンとか呼ばれる本格的なものを使うのがいいんだろうけど、私は街乗り。足として自転車に乗っているので、店にも普通に入れる服装がいい。

今は夏で汗をかくので、やっぱりトップスはポロシャツやT-シャツになってくる。

で、最近ちょっと気になっていたのが、パンツ。

「スポーツバイクはチェーンがむき出しになっているので、パンツの裾をはさんで危険」という記述をどこかで見かけたことがある。実際乗ってみて確かに何度かひっかかってはいたけれど、さほど困ったことにならなかったので放っておいた。

ところが乗っているうちに引っかかるのがだんだんと気になってきた。そこで、右足をロールアップ。

ボトムではくのが多いのは、デニムとカーゴパンツ。
デニムは片足をロールアップ。
カーゴは両足をロールアップ。

特に決まり事はない。好きなだけ無造作にすねの中間くらいまで持ち上げる。

たったこれだけでも少し涼しく感じるし、ギアにも引っかからなくなった。
これはこれでいいのだけど、そこで「だったらそもそも裾の短いパンツを買えば?」という考えも浮かんでくる。

そこで探した七分丈のパンツ。クロップドパンツなんて呼ばれ方もされているけど、とりあえず着回しやすそうなデニム生地で探してみると...

リーバイスから出てることがわかりリーバイスストアに早速自転車で向かう。
なんと、時期も時期なのでセール中。5000円以下で入手。立体裁断の一品で、試着したところ確かに足の上げ下げが楽ちん。

会計の際、私が裾をロールアップしてるのを見た店員さんに「自転車に乗るんですか?」と聞かれた。話をしてると、店長含め他の男性店員もクロスやMTBに乗るんだそうで、やっぱり裾ロールアップをしてるらしい。メッセンジャーの人でもしているらしいし、バンド固定より個人的にはざっくりとロールしてしまう方が好み。

店員さんもしつこくないし、とてもいい買い物をした。次に自転車乗る時に早速はこう。

| | Comments (124) | TrackBack (0)

« July 2007 | Main | September 2007 »