Posts categorized "映画・テレビ"

2007.09.22

存在と言葉と真理と...

私たちは言葉を身につけている。
人と人が関係によってつながれることで社会が構成されているのだとすれば、私たちはその内に秘めた「想い」や思索を他者へと伝え、その関係性を常に変化させながら生きているのだろう。

大学の頃に学んだことの一つに
「我々は完全に自由ではいられない。何人も立ち入ることのできない思考の内部でさえ。それはあらかじめ決められた「言葉」という枠組みによって表現しうる内容も決まってしまうからだ。」というものがあった。

言葉、自由、真理.....それを巡る真理に近いもの、それらの一つの姿をこの一連のテキストの中に見ることができる。人が社会の中で生きて行くにあたり、頭の中に入れておいて損はないと思う。

忘れたくないので、ここにメモ。

『現象と心象』-----
「私の名前は観察者。現象と心象の中間に位置する存在。あらゆる自然現象は何者かによって観察されねば、その事象が記録されることはない。私の名前は観察者。あらゆる現象は私のような中間に位置する者の目によって観察されることでのみ、その存在を未来に残すことができる

君はコーラリアンを知っているか?
コーラリアンと呼ばれる存在について、我々が語れる言葉は少ない。誰もがそれをまるで幽霊か化け物のように語る。しかし実際はいづれにもあてはまらない。コーラリアンを前にして、我々の持つ語彙は圧倒的に少ない。

君はコーラリアンを知っているか?
もし我々に今の我々以上の語彙が備わったとして、しかし、きっと我々にはそれを表現できないし、その感じ取ったことを分かち合うことさえもできないでだろう。我々はコーラリアンの前では圧倒的に無力だ」

 

『我々は言葉を持たないに等しい』-----
「言ってしまえば、それは砂漠の蟻が大空の先にあるものを語るに等しい。しかし伝わらないからといって、表層だけを語り本質から逃げるという行為に満ち溢れたこの世界で、それにのっとって言葉を紡ぐことに、いったいどれだけの価値があるのだろうか。伝わらないなら伝わる努力をするべきだその努力をしたくないのなら、永遠の沈黙をもってこの場から立ち去るべきだ。それを彼らは証明していた。」

「大波を待つライダー達にとって、そこに存在していることが全てを言い表していた。全ては体験を通して語られる。すでに用意された安易な言語でしか表現できない彼らは、その安易さの下に持ち合わせた深い真実によって、それをあえて言葉として表現する。何を語る?真実?しかし、それはあまりにも浅い言葉でしかない。それを人は陳腐な言葉の羅列として蔑むであろう。しかし、真実など誰がわかる目の前で起こった現象に対して高尚な言葉で語ることそれこそがその現象を矮小化させている。現象は現象でしかない。現象を語るには現象になるしかない。しかし我々は、現象そのものになることはできない。現象は我々以外のところにあり、我々以外のところから発生するものであるからだ」

「そうなのだ。現象は俺達がいなくても起こるただそれを目撃した者達には何かを残す。それがその者達にとって傷となるのか、はたまた糧となるのか。それすら波には関係がない」

(EUREKA SEVEN episode14より ストナーの思索)

"ねだるな、勝ち取れ"さんのところには、同じ部分を英語で掲載されていた。参考にしたい。

| | Comments (3189) | TrackBack (0)

2006.01.28

"サイカノ"映画化

saikano

学生の時に後輩に勧められて見たことがある"サイカノ"こと「最終兵器彼女」。
最初はどんな設定やねん...とバカにしていたものの、実は非常にセツナイ感じで、何冊か読んだ記憶がある。

ストーリーは確か・・・


高校のクラスメートである男女がぎこちない交際を始める。少しずつ "恋"というものを実感して行く二人だけれど、日本は戦火に包まれていく。ある日平和だった札幌もついに空襲の戦禍をこうむり、街を歩いていた彼は怪我。逃げられないところにさらに襲いくる生命の危機...その瞬間。

兵器に変わり果てた彼女が窮地を救う。


こんな感じだったと思う。引き裂かれようとするつかみかけた恋にすがる二人の心模様が意外にグッときたような気がします。

それがなんと映画化。驚いたよ、マジに。しかもコレ350万部も売れた大ヒットコミックなんだってね、知らなかったのでさらにビックリ!!バカにしててごめんなさい。

でもコレ、実写化しちゃったらどうなんだろうなぁ(^ω^;)
トレーラー見てみたけど、ちょっと微妙かも...?!

公式サイトはコチラです。
なんとOVAもあるんだね。
しかもTVアニメ版もある(w

すごいなぁ。全然知らなかったけど、実はすごい人気作品?

| | Comments (5616) | TrackBack (1)

2006.01.09

SAYURI

映画「SAYURI」を観てきました。

sayuri

ネタバレしないように感想をかいてみます。

    「SAYURI」はスティーブン・スピルバーグ総指揮の映画で、原題「The Memoirs of Geisha」が表すように、一人の芸者さんの生き様を描いた作品です。

    きらびやかで艶やかな芸者の世界の光と陰を見たような気がします。そこには一人の女性が自分にまとわりつく運命とも呼べるようなものに翻弄されながらも自らに芽生えた愛を追い求める姿が、体の芯に届く音響と鮮やかな映像美によって刻まれていました。

    素直に感動しました。言葉では表現しがたい何かがあるような気がしています。

これ以上はネタバレ気味でないと書けないのでやめておきます。
個人的にはここ最近観た映画の中では一番心に響いた作品でした。

| | Comments (23) | TrackBack (0)

2004.07.26

映画にトラックバック!

posren.gif

自分が見た映画のレビューをblogにエントリーしている人をよく見かける。日記的な正確を持つblogにとっては割と当然。レビューそのものをメイントピックにしているblogもある。

今はオンラインでDVDがレンタルできるっていうこと自体にちょっと「へ~」だった時代遅れな私・・・。そういうオンラインレンタルのページを見ていて新たな事実・・・。

レビューをトラックバックできるんですね。livedoorのぽすれんでは、各作品のページにトラックバック用のURLが記載されていて、トラックバックを打てるんです。いちいち映画紹介などのサイトにいって感想を書くのがめんどくさいって人も自分のblogのエントリーにもなって作品紹介のページにもトラバで載れなんて一石二鳥じゃないですか?アクセスアップも望めるかも。

映画を見てレビューをエントリーしているみなさん、今度は作品紹介のページにもトラバってみて下さいね。

| | Comments (56) | TrackBack (0)

2004.05.23

ミムラ映画デビュー!

ミムラ、今度はついに映画デビューのようです。(from サンスポ

女優、ミムラ(19)が、11月公開の映画「海猫」(森田芳光監督)で映画デビューすることが16日、わかった。主演・伊東美咲(26)の娘・美輝役で、物語の軸となる重要な役どころ。これまでフジテレビのドラマを中心に活躍し、“フジ色”の強かったミムラが、銀幕の世界で新境地を開く。

恋愛大河小説とのことですが、最近ドラマにCMにと出番が多くなって鍛えられたミムラの演技に期待です。

| | Comments (31) | TrackBack (0)

2004.05.21

ミムラ浴衣で登場

mimurayukata.jpg

久々CMネタ。時折追いかけていたミムラさんに新しい動きがあったのでクリップ。

今度は浴衣でにごらせ旨茶のCMに出演されています。公式ページでは最新の浴衣バージョンから過去のCMを含めて全てメイキングも見れます。

最新版のメイキングによれば、浴衣は何十着も試着して決められたそうで撮影時間は4時間だったそうです。ご苦労様でした。ミムラさんのイメージとも合っている浴衣はファンの方達の反応もよく、ミムラ熱はさらに拍車がかかりそうです。掲示板化してしまっている私のエントリー"注目の女優ミムラ"にもすでに反響が寄せられています。

ちなみに、にごり篇のにごった声は笑福亭笑平さんだそうです。へぇ~!

| | Comments (25) | TrackBack (1)

2004.02.25

"ローサのチェキ日記"スタート!

rosa0401.jpg

吉井怜さんのココログがスタートしてblog界隈で注目されていますが、ゼクシィのCMに出て同じくblogを騒がせた美人さん、加藤ローサさんも"ローサのチェキ日記"なるサイトをスタートさせている。

ローサさんの一日を知ることができるようで何だか身近に感じられるのではないでしょうか。ファンには嬉しいページですね。写真が小さいのがちょっと残念。

sony musicの公式ページも写真を入れ替えてました。

新しく花王のラビナスのCMが24日からオンエアされるらしいので要チェックです!

| | Comments (1800) | TrackBack (0)

2004.02.24

口が楽器!ヒューマン・ビート・ボクサー-ゼロックスのCM-

afra.jpg

一見ユニクロのCMかと思うこのCMは、実は富士ゼロックスのCM。

本当に口だけで演奏しているのかと疑ってしまいたくなる見事なまでのヴォイスパーカッションを富士ゼロックスのCMのページで見ることができる。このヴォイパ、"AFRA"という人がやっているそうです。

富士ゼロックスは、"AFRA"さんを起用した理由等についてもちゃんと書いています。

“AFRA”は、米国ニューヨークのミュージックシーンで活躍するヒューマン・ビート・ボクサーと呼ばれる日本人青年ミュージシャンです。彼は楽器を使わずに色々な音を口で発することができ、これらの音をアレンジしてラップ音楽として表現することができます。この音楽はヒューマン・ビート・ボックスと呼ばれ、一人で自在に表現するHOTな音楽として今注目されています。“AFRA”はこのジャンルのミュージシャンの中でも、その特徴的なサウンドによってニューヨークや日本の若者の中で急速に人気を集めている一人です。

今回のテレビCMでは、彼の発する多彩な音を当社新商品の持つ多彩な機能の一つ一つに重ねあわせ、またリズム感のある調和の取れた演奏とそれを初めて目の当たりにする新鮮な驚きを、複数のことを同時に処理でき業務の生産性を意識した新しいコンセプトの商品のイメージに重ねて訴求しております。

( ´・∀・`)へーなるほどね。ていうか、ヒューマン・ビート・ボクサーなんて初めて聞いた!すっごいカッコイイわ~。ヴォイスパーカッションなんてレベルじゃないってことですかね~。マジで脱帽。何かを極めた"匠"には、いつも感心させられます。光ってますよね匠は。自分も何かの匠を目指して頑張りたいものです。

| | Comments (98) | TrackBack (1)

2004.02.23

ミムラ、次のCMはお茶!

mimuracm.jpg

ドラマ「ビギナー」でお目見えし、Fの携帯のCMで徐々にテレビに映る機会が増えてきたミムラが、さらにアサヒの"にごらせ旨茶"という新商品のCMに抜擢された。

スポーツ報知の記事によれば、ミムラは以下のように語ったとか。

「お茶が大好きなのでヤッターという感じです」と声を弾ませた。健康的な笑顔が人気だが「毎日3食きっちり食べることが大事。具だくさんのみそ汁を作ってます」。また好きな男性のタイプについても「自分が男っぽいのでさらにオトコオトコした人がいいですね」とハキハキと答えていた。

う~ん。なるほど。料理もできる家庭的な一面が見え隠れ?!実際には料理する時間なんてあるのかな~。忙しいだろうに本当にやってたら偉いです。

CMはアサヒのサイト内、このページから見れます。

かつてこのサイトのエントリーでブレイクの予感と書きましたが、いよいよ波がきそうです。

| | Comments (20) | TrackBack (0)

2004.02.21

"朝のリレー"をリレーしたら・・・

morning.gif

最近、テレビでも、映画館での映画前の宣伝でもよくみかけるCMで、味のある空や寝顔の映像とともに詩が読まれているものがある。「カムチャッカの若者が・・・こうして僕らは朝をリレーするのだ」というアレだ。とても気になっているので、ちょっと調べてみる。

ネスカフェのサイトで、CMを見ることができる他、スクリーンセーバーもダウンロードできる。

CMには「寝顔編」と「空編」があり、それぞれ以下のURLから見ることができる。
寝顔 編 
空 編  

また、詩はきっと読む人によっても印象が変わる。CMでは"天使の涙"というピアノの曲に合わせて音楽ユニット「HALO」で活躍する歌手のayakoさんがナレーションを担当している。優しくも心にしっかりと食い込んでくる声はぴったりなのかもしれない。

詩を純粋に、自分でかみ砕いてみたい人は"空の嘘**谷川俊太郎の世界**"さんのところで、谷川さんの許可を得てネット上で詩を公開されているので、是非一度読んでみるといいと思う。

とても印象的なポエムだ。そんなこと考えもしなかったって感じ。壮大なスケールが持つ大らかさもこのポエムの魅力だと思う。中学校の教科書「現代の国語」にも収録されているそう。確かに今の学生にぜひ読んで欲しいポエムの一つですね。理解できなくてもそういう多感な時期に接しておくことが重要なんだと思う。きっと時間が経ったときに分かるだろうから。

調べてみると、この"朝のリレー"でエントリーを書いているWeblogがいくつかある。私たちも"朝のリレー"をリレーしてこのポエムが人々の心に響けばいいな~。

| | Comments (28) | TrackBack (0)