Posts categorized "未分類"

2008.04.06

小分けで楽しむタリーズのコーヒー

tullys いつもコーヒー豆はスターバックスのホールビーンをいろいろと種類を変えて楽しんでる。ただ、仕事をしていてなかなか家にいられないため、一人で200gはなかなか飲みきれる量でもなく...最後にはあまり豆の状態がよくないのを知りつつも捨てるのがもったいなく....といった感じで豆の鮮度からすれば長いこと1種類を飲んでいるという状態。

(実はそれでもインスタントに比べればだいぶんおいしいのですが。)

今日はたまたま通りがかったタリーズコーヒーで豆をみかけて、手にとって見ていたところにタイミングよく店員さんが試飲用カップでコーヒーを持ってきてくれた。

いろいろと話していると、初めてタリーズの豆を買う人にはモカジャバという船のイラストの豆を勧めているそう。私が酸味の強いものよりはどっしりした味わいの方が好みかもと告げるとダッチマンの方がそういう傾向が強いと教えてくれた。

話の中で、冒頭で書いたように一人暮らしではなかなか飲みきれない旨を話していたのだけど、モカジャバとダッチマンとどっちを買うか迷っていたところ100gずつでもきちんと密封して渡してくれるというので両方購入することに。

tullys2 tullys3

こんな感じで、きちんと元の袋に入れて、ヒートシールをして密封してくれる。また、ジップつきの袋を一緒にくれるので、ヒートシールを破った後にはこの袋に入れ直して保管することができます。これなら、複数の豆を小分けで買っても、片方ずつ飲めば、もう一つの方はヒートシールで密封されているので安心。

スターバックスでは小分けで買ったことがないのでどういう風に提供してくれるのかわかりませんが、タリーズのこのサービスはコーヒーに対してとても丁寧で好感が持てました。

| | Comments (128) | TrackBack (0)

2007.06.25

「床」で食事を。

本日、職場の先輩と、女性と4人で食事をしてる時に、「床」の話題になりました。

床ってのは、京都の夏の風物詩だそうで、川のせせらぎで涼ををとりながら食事をするという風流な催し物。プールとか海みたいに、床もスタートする時のことを「床開き」っていうそうです。

鴨川が一番身近なんだそうで、公式ホームページもありました。
結構お値段するらしいのですが、「いきた〜い!!」という声が強くあがっていたため...リサーチします...。

そんなわけで、今のところ調べたことをサクッとメモ。


鴨川納涼床

公式ページ。納涼床の歴史と、町ごとに店を一覧できます。店へのリンクもきちんと張ってあって親切ですね。

e-kyoto 床開きのページ

鴨川だけじゃなくていろんなところでやっているみたいです。各川床に出店している店の紹介もあり。

鴨川納涼床の写真。
何となくイメージがわかなかったので、写真も検索。なるほどね。理解しました。ちょっと蚊に食われそうだけど、確かに風流で楽しそうかも。女性にはぜひ浴衣をお願いしたいとこです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.06.23

目の悪い人が更なる悪化を防ぐ方法

なんだか最近目がまた悪くなったなぁと感じています。
そういえば...「メガネとかコンタクトとか使い始めるとさらに視力が悪化する」なんて話がまことしやかに囁かれていましたね。

で、例によってGoogle先生に聞いてみた。
そうするとこんなページを発見。

「メガネをしないと眼はもっと悪くなる」のか? | Excite エキサイト : Excite Bitニュース

このページには眼科医とメガネチェーン店のアドバイスと2つ載ってます。

医者は

「ムリにメガネやコンタクトをすることで、かえって負担になることもあるから、必要なときだけでいいんじゃない?」


と、若干やっつけ(w

一方のメガネチェーンは度数違いのメガネ使い分けを推奨。いわく、

「見え方の段階」をつけてあげることで、ピントを合わせる筋肉を鍛える


ということらしい。

何だかチェーン店のほうが説得力あるな...。
とはいえ、メガネのかけかえは、普段から持ち歩いていないといけないし、結構大変。

少なくともパソコンや読書などの近場用と、外歩き・運転用の遠方用と2種類あれば、できるだけ目を退化させずに生活できそう。

でもきっと私はこのまま1本でいってしまうのだろうなぁ...

| | Comments (8) | TrackBack (0)

2007.06.22

フラグする営業

年に何度か訪れる悩みが再来している。

営業のフラグメンテーション。営業で客先をラウンドするにあたって、偏りが出たり、効率が悪くなったりすることをそう呼んでる。

担当している客先数が多く、エリアが広範にわたるのが一番の原因。ある施設から呼び出しがあった時に、別の県にいたとしたら?

それだけで予定はほとんどすべてキャンセル。予定は未定とはよく言ったもの。何とか効率よく回ろうと近所の客先同士を同じ日に回る"エリア営業(ゾーン営業?)"みたいなやり方が本当は一番いいけど、多くはそんなにうまくいかない。そうして徐々に狂った営業リズムは乱れたまま続いていかざるを得なくなって...

そんな状態を何とかある程度客観的に、ビジュアルに捕らえたいと思って、一時期エクセルにラウンド先を記入して表を作ってみたけど、それはかなりの手間がかかることがわかり挫折。

担当数が100を超えるので、とても探して入力するには時間が足りない...本来なら会社で導入しているグループウェアにそんな機能がついているべきなんだけど...

Justsystemのセールスマイティは、そんな風に営業した履歴を入力しておくと、どの顧客にいつごろにいっていて、前回訪問時からどれくらい間が開いているのかをビジュアル的に表示する機能を持っている。これがうらやましい。


何か営業ラウンドを効率よく管理する方法はないのだろうか。

これが年に何度かやってくる悩み。
そして、今、私の営業はすっかり断片化してしてしまっていて、かなり効率が悪い(T-T)

何とかならないものだろうか...

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2007.06.03

ミント系タブレットに想う

ミント系のタブレット菓子、流行ってますよね。フリスクやミンティアなどが有名だと思いますが、専用のケースが発売されたり「大人おやつ」のポジションを確立してる。

さて、そんなミント系タブレットですが、私はカード型ケースで携帯に便利なミンティアをよく買います。スーツの胸ポケットにスッと入るので重宝。

"モーニングスペア"とか"ドライハード"とかいろんな味や辛さがありますが。
私の場合には眠気に襲われた時に食べるので、やっぱり"ドライハード"かなと思うわけですが...朝には刺激が強いなんて思ったりして、今はちょうど中間(だと思っている)のシャープエバーという味を携帯してます。

で、ふと思うわけですが。
私のように朝と夜、求めるミントの辛さが違うって人結構いてたりすると思うんです。

そこで、ケースを中で半分に仕切って2種類の味で出したらいいんじゃないかと思うわけです。軽めのミントとから〜いミント。ミント味とレモン味とか味を2種類入れるっていうのもいいでしょう。

それで例えば「ミンティア−Day&Night」とかそんな名前で出したら売れるんじゃないだろうか...なんて考えてます。

どうでしょう?お菓子メーカーさん??

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.04.16

きれいなフォントを使いたい2

Windowsで使われているフォントとMacで使われているフォント、見比べたらMacの方がきれい。あ〜いうきれいなフォントが使いたいなぁと思って探した結果を前のブログで紹介しました。

そこで紹介したSH-30Gは本当にいいフォントだなぁと思っていたのですが、システムフォントとして画面表示に使うにはいいのですけれども。プレゼン時にPowerpointで使うにはちょっと線が細くてイマイチかもと感じていました。

そこで探した結果、またいいフォントみっけ!
その名もM+ +IPAフォント。読みにくいけどいいフォントですよ!

サイトによれば

M+ (エムプラス)というフリーで高品質な日本語フォントがあります。ひらがな・カタカナはあるのですが、漢字はありません。

そこで、同じくフリーな IPAフォント (どちらも改変・再配布が許可されています!) の漢字と組み合わせた合成フォントをここで配布しています。

うん、ちょっと丸みを帯びててかわいい感じもあるけど、画面表示でも印刷してもとてもきれいです。Powerpointで使ってもSHよりよさげ。

しばらくこれを使います。

| | Comments (32) | TrackBack (0)

2007.03.26

先を見据えてアクションを

言葉関連のエントリーが続きますが、先のエントリーを書くにあたってネットをウロウロしてた時に見つけた言葉。

故事成語:「渇淵而魚」
池の水を抜いて魚を獲るという意味。

意味していることは、

目的のために手段・方法を問わなければ、後に得るものがなくなるということ


だそう。

目先の利益だけに目がくらんで周りが見えなくなったり、中長期的な視点が欠けて常に付け焼き刃のような策を講じていくことが、結局自分を苦しめることになるということですよね。

私事でいろいろありまして、何となく実感を伴ったのでエントリー。

中央日報オピニオンのコラムより)

| | Comments (33) | TrackBack (0)

2007.03.04

コーヒーランキング

3106.orgさんでみつけた日経MJ調べのコーヒーランキング。

1. モンカフェ(片岡物産)

2. ゴールドスペシャル(UCC上島珈琲)

3. ドリップオン(キーコーヒー)

4. マキシム(味の素ゼネラルフルーツ)

5. スーパーアロマ(UCC上島珈琲)

6. ブレンディ(味の素ゼネラルフルーツ)

7. グランドロースト(キーコーヒー)

8. 職人の珈琲(UCC上島珈琲)

う〜ん。どれも飲んだことない。

で、他にもあるかなとGoogleに聞いてみた。
出てきたランキングは@officeのランキング。

1.ゴールドスペシャル(UCC上島珈琲)

2.ブレンディ まろやかブレンド(味の素ゼネラルフルーツ)

3.職人の珈琲 まろやか味のマイルドブレンド(UCC上島珈琲)

4.ゴールドスペシャル モカブレンド(UCC上島珈琲)

5.ゴールドスペシャル キリマンジァロブレンド(UCC上島珈琲)

6.スーパーアロマ オリジナルブレンド(UCC上島珈琲)

7.職人の珈琲 深いコクのスペシャルブレンド(UCC上島珈琲)

8.職人の珈琲 あまい香りのモカブレンド(UCC上島珈琲)

9.プロフェッショナルユース スペシャルブレンド(UNICAFE)

10.スペシャルブレンド(KEY COFFEE)
*圏外11位だったのがヒルススペシャルブレンド(日本ヒルスコーヒー)

ん〜...@officeは会社向けだからか日経MJとはだいぶ中身が違いますね。っていうか、UCC強っ!(w
10品種中7種がUCC。味以外のメリットがありそうですね。

いずれにせよ、味だけで選ぼうとすれば、やっぱりスターバックスが一番おいしい気がする。あと、まだ試してないけどEXCELSIOR CAFEも気になるところ。

"本日のコーヒー"ってメニューが両カフェにあるけれど、スタバはもちろんのこと、EXCELSIORもおいしいからホールビーンにも期待できる。

今はスタバの限定豆、パイクプレイスブレンドがまだ未開封で残ってるから1ヶ月は先になるな...EXCELSIOR試すのは。

| | Comments (17) | TrackBack (0)

2007.03.03

激突!赤信号・青信号のバトル!−SnickersのCM−

スニッカーズのCMだそうで、カッコイイなぁとちょっと調べたら、DIGITAL DJさんによると

アラブ首長国連邦のスタジオ"Impact BBDO"による
スニッカーズのCM 「Stop and Go」
(スタジオへのリンクはLiQuidblog挿入)


だそうです。

ストーリーとしては...
とある信号機。青がなかなか消えないので、赤が消えるように訴えると...

キィ〜ック!!青が攻撃開始!!
その後は周囲の信号から仲間を集めての乱闘!!道行く人間もビックリ。

赤の方が物量にものを言わせて青を包囲。青の運命は...

というもの。海外のCMは本当にユーモアがあったり映像作品としてとても楽しめますよね。CMも楽しめるって羨ましく思います。

*この先のエントリーは若干ストーリーの結末ネタばれありです。

Continue reading "激突!赤信号・青信号のバトル!−SnickersのCM−"

| | Comments (9) | TrackBack (0)

2007.02.21

箱根ターンパイク名称変更−Naming rights(命名権)−

箱根ターンパイク。観光名所にもなっている有名な有料道路ですね。私もこどもの頃によく連れて行ってもらいました。

NETAFULLさんのところで知ったのですが、その箱根ターンパイクの名称が "TOYO TIRES ターンパイク" に変更になるそうです。東洋タイヤがネーミングライツ(命名権)を買った結果だそうですが...最近流行ってるそうですね。

NETAFULL
ネーミングライツ、いろいろなところに出てきますねー。最近だとCCレモンホールが記憶に新しいところですが、ライブの告知などで使われるので確かに効果は大きい気がします。


確かに社会への名前の定着には効果がありそうです。企業のイメージ戦略・ブランド戦略という意味では、名称の定着というのは巨額のコストが発生してもほしいところなんでしょう。その施設の集客効果が高ければ高いほど何度もすり込まれて人々の記憶に残りますもんね。

でも、ランドマークに企業を連想させる言葉が冠されるのは何だかちょっと寂しい感じがします。箱根ターンパイクは、やっぱり箱根ターンパイクであってほしいなぁ...個人的にはこのネーミングライツ取得による名称変更、あんまり気持ちのいいものではないなぁと思います。

wikipediaの命名権のページではこれまで企業がネーミングライツを買って名称変更した施設の一覧を見ることができますが、国内最初のネーミングライツ取得はサントリーなんですね。

箱根ターンパイクもついでにwikipediaでみてみたら

wikipedia−箱根ターンパイク
2004年3月にオーストラリアの投資会社・マッコリー銀行グループが主体となるインフラストラクチャー・ファンドが設立した箱根ターンパイク株式会社に営業譲渡されて、運営が移管している。


とのこと。会社がもってる "私道" 扱いだそう。小さな「へぇ」がありました。

| | Comments (4) | TrackBack (2)