Posts categorized "ステーショナリー/コモノ"

2008.03.20

私の付箋紙装備状況。

何だか最近やたらと付箋紙がらみのエントリーを見かけるので、ここらで自分の使ってる付箋紙の状況をまとめてみた。

ポストイット フラッグ 透明見出し
image

全面が見出しになっているタイプもありますが、私はこの透明見出しを愛用。

用途としては、
□透明部分に字を書いてメモを残す
□大事なページのマーキング・しおり
として使います。

丈夫なのにしっかりと貼れて、はがせるっていうのはポイント高いです。

ポストイット ケイセン入りノート
image

自分の用のメモには、RHODIAとMOLESKINを使用しているので、付箋にメモすることはほとんどありません。

ここには、面談できなかったお客さんへのメッセージを書き、名刺とともに資料に貼って置いておきます。

名刺の何も印字されていない部分に書き残すのも一つの手ですが字が小さくなって見にくいし、疲れていたらそういうの読む気にならないですよね。

 

貼り付けるときには、ポストイットの糊部分の半分は名刺にかぶせ、残りを資料に貼り付けるようにすれば、クリップ等で止めなくても何とかなったりします。

メモック ロールテープ
  image

聞き慣れないかもしれませんね。ヤマトというメーカーの製品です。詳細は別にエントリーしよう。好きな長さにカットできるので、重宝してます。

 

 

 

 

 

上記のうち最初の二つは本家3M製。別にこだわってるわけじゃないんだけれど、何となく遭遇する率が高いだけ。ただ、アスクルとかのオリジナル付箋紙に比べて粘着の維持がよい気がします。

ポストイットフラッグに関しては、無印良品からフィルム付箋っていう類似品が出ていて、色合いが落ち着いていてラインナップに加えて気分で使い分けてもいいかなと思います。

| | Comments (127) | TrackBack (0)

2006.09.01

普段使いにイイ万年筆

Safari アルミ丸軸万年筆の話を書いたら反応してくれた人がいて意外! ステーショナリーとか好きな私としては嬉しかったので普段気軽に使ってる万年筆を紹介してみようと思いました。

LAMY Safari

写真のカラーがあるサファリというシリーズの万年筆を現在愛用中。ステーショナリー好きの間では定番みたいな品っぽくて、そういう人のブログを見に行くと必ずと言って登場する万年筆です。

■安い(\3500前後)のに存在感あるシンプルなのに高いデザイン性。
■自然とうまく握れるように傾斜のついたグリップ。
■ペン先もEF(極細)がある。

など、いいところがたくさんあって即買い。見ためにポップで、万年筆万年筆してないところも私は高評価。カジュアルに使える万年筆ってのが好きなんです。

ドイツの小学生が書き方の授業で使ってるらしいですよ。
よく文具屋とかにいくと万年筆初心者にオススメとか書いてたりしますが、本当にそんな感じがします。だって初心者の私でも使いやすい!と思ったんですからね。

インクもよく出て非常に滑らかに書けて文句つけるとこなしって感じです。

何色かありますが、私は透明のヤツ、vistaって呼ばれるヤツかな?を使ってます。EFの細いペン先なので手帳にも使ってます。万年筆使ってから書くことがちょっと楽しいことに変わりました。

少し\5000台に値段は上がりますが、アルスターというアルミで作ったタイプもあるようです。

前のMUJIは単にメモをする時などに使ってます。あとはロットリングから出ているsurf(サーフ)という万年筆も\800くらいだったと思いますが、書き味は悪いとは思いません。ペン先がMしかないのでやはり少し太めなので、こちらも私の中ではメモ用ですけども(;^ω^)

やっぱり普段使いにはLAMY safariが今のとこベストな感じです。

現在ペン先がEF、もしくはFのやす~い万年筆を探し中!知ってる人いたら教えて下さいね~。

| | Comments (74) | TrackBack (0)

2006.08.31

アルミ丸軸万年筆

Mujimannen_1

前回MUJIカタログの話題を出したので...

最近万年筆、しかも安~い万年筆にはまりつつありまして。そこで買ってみたのがMUJIの"アルミ丸軸万年筆"。

見ためにスッキリとシンプルで、アルミの質感がクールな印象をかもしてるのがいいなぁと思っていまして、やっとこさ買いました。

それに、このデザインで....¥1155。
¥1155ですよ?これお得な感じしませんか?

3本ぐらい買って色変えてもいいなぁなんて思える価格です。仕事にも私用にも使える感じ。

Continue reading "アルミ丸軸万年筆"

| | Comments (11) | TrackBack (0)

2006.07.22

ノート

Note

本日は珍しく足を伸ばして神戸まで行ってみました。 目的地は ナガサワ文具センター

ナガサワ文具センターは名前のとおり充実の品揃えを誇る文具屋。東京で言う伊東屋みたいなもんだと思う。 ほしかったものをいくつか調達。

(左)■A6ノート L!FE CLIPPER
名前がいいよね。日々の思いつきやほしいモノリストなどをクリップしておくのにピッタリ。最近気に入ってる方眼タイプ。

そんなに一生懸命覚えとく必要もないけれど、気になったものやほしいものをちょろっとメモっとくようなものがほしかったので、A6で持ち歩くつもり。

(右)■RODHIA No.12
メモ帳ではおなじみのRODHIAです。今はNo.11を使っているのですが、ちょっと小さいなと感じていたので、今度は一回り大きいサイズに してみました。でもN0.12はカバーを探さないとむき出して使うことに....まぁ表紙の鮮やかなオレンジがきれいなのでそれもまたよしって感じですけ れども。

神戸ももう少しお店を知ってたら面白いかもと思い立ち、ちょっと通ってみよっかななんて思った一日でした。

| | Comments (44) | TrackBack (0)

2006.07.03

ほぼ日手帳使ってみて。

Hobonichiafter
ほぼ日手帳を使って早2ヶ月近くが経ちました。ここらでちょっと雑感をば。

開いて書きたくなる手帳って、どこかで見たのですが、コレはウソじゃありませんでした。
また、各ページに載ってる名言(迷言?!)が笑わせてくれたり、いろんなことを考えさせてくれたり、日々忘れてしまいがちな何かを思い出させてくれたりと、非常にいい味を出してます。

また、忘れたくない情報を1日1ページの中に全て書き込むようになったので、なくさなくなりました。以前はどこに書いたっけ?!ということがよくあったのですが、それがなくなり、会議資料作成時や打ち合わせの時などにもサッとレビューできて重宝しています。

ちょっと仕事で使うにはポップだったかなぁと心配していましたが、黒を選んだおかげか、思ったより抵抗もなく、また、私自身あまりお客さんの前では手帳を出さず、何かをメモする時にはRODHIAのNo.11を使うようになったので問題なしです。

次は革タイプを買おうと思っています!この手帳、ビジネスユースにもかなりのオススメです!

※ちなみに、RODHIAのNo.11は、ほぼ日手帳のサッと取り出せない(胸ポケットなどに携行できない)というある意味で営業職だからこそ感じる不便さを解消するために持ち始めました。

小さなサイズ、使いやすく視認性のよい5mm紫方眼。立ったままでも書き込める堅い台紙に必要な時にいつでも切り取れるマイクロミシン目。裏写りしないしっかりとした紙質。
コストパフォーマンスもよく、私が求める条件を全て満たしたメモ帳でした。

現在はでは、No.12にサイズアップしようと考えています。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2006.06.11

ボールペン改造

ほぼ日手帳ユーザーの間では「どんなペンで書き込んでいるか?」という話題はよくあるもの。バタフライストッパーに1本刺すペンが万年筆だったり、機能性重視でボール+シャープみたいに多機能ペンだったり。

私の場合には営業で何色か使いたいので、ほぼ日手帳ユーザーの間では有名な"ボールペン改造"やってみました。

Hitecmulti

ZEBRAさんのクリップオンマルチというペンにハイテックCコレトのリフィールを入れ込むというヤツ。情報の発信元は...こちらのWAKUWAKUライフさんかな....。

改造のやり方自体はさんてんりーだーblogさんが詳しいです。

Continue reading "ボールペン改造"

| | Comments (107) | TrackBack (0)

2006.06.03

ほぼ日手帳アンケート

Hoboank

ほぼ日手帳アンケートが開催されていたみたいです。
「いた」というのは、回答者には抽選2007年度版ほぼ日手帳が贈られるみたいなのですが、その応募期限がすぎていまして...アンケートページにアクセスはできるのだけど、回答が実際にほぼ日スタッフの方にまで届いているかまではわかりませんでした。

でも、一応応えてみましたよ。チェックボックスにチェックをいれていくところと自由記述のところありまして、全部で15ページくらいでしたが、すぐにできました。

自由記述のところだけ抜き出してみると...

Continue reading "ほぼ日手帳アンケート"

| | Comments (30) | TrackBack (0)

2006.05.08

万年筆Pettit 1

Petit1

下のほぼ日手帳のエントリーの写真にも一緒に写っていましたが、コレはPILOTさんの万年筆Petit 1

クリアなボディがかわいいですよね。¥300とコストパフォーマンスもいいし。万年筆の良さを実は知らない私ですが、何となく見た目にやられて買ってしまいました。万年筆っていうものを使ってみたかったというのもあって。

使って見ると...う~ん。
何となく滑らかな書き味のような気はしますが...字が太くなって個人的にはあまり好きではありません。ほぼ日手帳に使ってみたら、裏写りも結構あって。万年筆に慣れないせい?!

RODHIAに書いてみたらにじまず、裏写りせず。RODHIAだから?紙質が良かったのかな。
何か思いついたときに適当に使ってみたいと思います。

ちなみにほぼ日手帳には、やっぱり多機能ボールペン。
今は先月こちらのエントリーで紹介した2品を使っています。オススメ。

| | Comments (58) | TrackBack (0)

2006.05.07

『ほぼ日手帳』買いました。

Hobonichi
くだんの『ほぼ日手帳』、本日やっとこさ受け取りました。

わざわざ渋谷・池袋・新宿LoFTをまわり、新宿LoFTで在庫を確認してもらったら何と心斎橋LoFTにあるという状況を乗り越えての入手。ま、まさに灯台もと暗し...。

早速何かを書き込んでいきたいけれど、特に書くことが...まぁ仕事とプライベートと共用なので、とりあえず、仕事がらみの先の予定をザッと書き込んでおきました。

どういう風に使おうかな~なんて思いながらまた『ほぼ日手帳の秘密』を見たりして、自分なりの使い方をできたらいいなと思っています。

| | Comments (43) | TrackBack (0)

2006.05.05

クリップとメッセージカード

新宿のルミネ2の中にはデルフォニクスの直営店である"smith"が入っていて、新宿に行くことがあれば結構な確立でチェックしてます。

仕事で客先を回って行くともちろん不在の人もいるので、そのときにメッセージを残すのですが、今までは名刺の角にちょこっと書いているだけでした。それもつまらないなぁと日々感じていたので、ちょっと変わったクリップとメッセージカードをきちんと添えてみようと思い立ちそれぞれ購入。

smithではクリップ。金色のクリップで形もスクエアなちょっと変わったタイプ。
Clip

メッセージカードは、書き間違えてすぐに捨ててしまうこともあるので、コストパフォーマンスが重要なポイント。そこでとりあえず無印良品のものを選んでみました。

Card

35枚入りで100円弱だったと記憶しています。1枚あたり3円弱。これなら気にせずどんどんつかるかも。

本当は罫線入りのがあればいいんだけどなぁ。

| | Comments (50) | TrackBack (0)